浸水被害

浸水被害

洪水で避難が難しい理由

洪水で亡くなった方の多くは、土砂や濁流に飲み込まれて流されたと想像するかもしれませんが、実際には自宅の室内で溺れて亡くなる方が圧倒的多数です。しかし、なぜ住宅の2階に避難できなかったのか、を明らかにするため、水理学の専門家が再現した実験があります。
浸水被害

浸水した家屋の片付けと掃除のしかた

自宅が水害に遭った場合、家屋の片付けと掃除のしかたや、何から手を付けて、どんな作業が必要なのかご存じでしょうか。床下の確認方法、泥出し・洗浄・乾燥・消毒の方法など、家屋の片付けと掃除のしかたをまとめました。
浸水被害

浸水被害に遭う。住み続けるべきか?建て替えるべきか?

自治体が誘導する「居住誘導区域」に「浸水想定区域」がかなり含まれていることを知っていますか。つまり誰もが浸水被害に合う可能性があるということです。また、被災後に何から手を付けて、どんな作業が必要なのかご存じでしょうか。これらをまとめましたのでご覧ください。
浸水被害

水害から命を守る。国内外の様々な水害対策。

気候変動による海面上昇、頻発する異常気象など、私たちの住まいは様々なリスクに直面しています。 特に地球温暖化が年々進行していくに連れて、自然災害の発生頻度も増加傾向にあり、特に高潮、洪水、豪雨などから命を守るための水害対策や、さらに...
浸水被害

なぜ、鬼怒川は氾濫したのか。住まいを選ぶのに考えるべきこと。

2005年の台風第18号と台風から変わった低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込んだ影響で、記録的な大雨となりました。 そして、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し、常総市街地を含め約40キロ平方メートルの地域が浸水の被害を受け、少...
浸水被害

浸水対策はできない?想定外の豪雨が発生

「50年に一度の大雨」や「線状降水帯」による豪雨が全国で度々観測されています。 特に夏から秋にかけて、台風や、狭い範囲に数時間にわたり強く降る集中豪雨、短時間に強く降る局地的な大雨が発生し、大きな被害をもたらします。 こうした...
浸水被害

マンションの浸水被害と浸水対策を確認しよう。記録的豪雨に備えよう。

お住まいのマンションは洪水や浸水が想定されている地域に建っていますか。もし洪水・浸水想定区域であれば、過去起きたマンションの浸水被害から対策を考えましょう。ぜひ記事をご覧下さい。
浸水被害

家を建てる前の浸水対策は何ができる。

お住まい場所は洪水や浸水が想定されている地域ですか。もし洪水・浸水想定区域であれば、過去起きた浸水被害から私たちが家を建てる前にできる浸水対策を考えます。ぜひ記事をご覧下さい。
浸水被害

木造住宅が浸水した場合の課題と浸水対策を確認しよう。記録的な大雨に備えよう。

お住まい場所は洪水や浸水が想定されている地域ですか。もし洪水・浸水想定区域であれば、過去起きた浸水被害から私たちができる対策を考えます。ぜひ記事をご覧下さい。
タイトルとURLをコピーしました