施工不良

施工不良

なぜ住宅の倒壊、マンションの崩壊は起こったのか?

2021年6月25日、大阪市西成区で住宅2棟がのり面の下に崩れ落ちました。一方で、6月24日アメリカフロリダ州マイアミ近郊で12階建てのマンションの一部が突然、崩壊しました。これらの倒壊事故について、専門家として少し考察してみました。
2021.07.09
施工不良

古いアパートの錆た階段を補強するために考えないといけないこと

2021年4月、東京八王子市のアパートの階段が崩れ落ちて、住人が死亡する事故が起きた件を受けて、特に古いアパートのオーナーからの問い合わせが多くなっています。今回は、このような事故を受け、特に古いアパートの補強方法について考えてみましょう。
施工不良

もぐらが原因で家が傾く?地盤が沈下する原因

ネットでは、もぐらが家の下を掘って傾くなんて言われていますが、まずそんなことはありません。 家が傾く原因の多くは地盤が徐々に沈下するからです。そして地盤が沈下して家が傾いた結果、その損害の責任を巡って裁判するケースが後を絶ちません。
2021.05.20
施工不良

住宅業界の不正・不祥事から消費者は守られるか?

住宅業界の闇は深く、最近では大手賃貸住宅メーカーの界壁の施工不良から、建築士免許偽造など様々な不正・不祥事を繰り返している歴史があります。また、ニュースなどで取り上げられることのない「建築基準法違反」「施工不良」は、日々発生しており、特に建築現場における不具合は年々増加しています。
2021.02.26
施工不良

マンションの杭の長さが足りない!25年後に傾く!

マンションを支える基礎杭の長さが足りていないことで全棟建て替えとなったマンションがあります。数十年後にマンションが傾くケースが多くあることはあまり知られていません。 このような数十年後にマンションが傾いたケースを確認し、住まいのリスクを考えてみましょう。
2021.04.29
施工不良

マンションの杭の長さが足りない!

マンションを支える基礎杭の長さが足りず、マンションを支える固い地盤(支持層)に達していないことや、施工データの改ざんが多数発覚しています。このような事態に巻き込まれた場合の住まいのリスクをこれらのケースから考えてみましょう。専門的な内容もありますが、ぜひご覧ください。
2021.04.28
タイトルとURLをコピーしました