大規模噴火

大規模噴火

富士山噴火の可能性は?被害拡大予測を確認しよう。

富士山は、過去5600年の間に約180回の噴火が確認されています。その96%は小・中規模噴火ですが、この314年間噴火していません。この314年間の沈黙がどうなるかが注目されています。そのような中で、2021年3月に富士山噴火ハザードマップが17年ぶりに改定されました。
大規模噴火

登山中に火山の噴火に遭遇。御嶽山(おんたけさん)の噴火。

火山災害から命をまもるために大切なこと、は火山災害の脅威を「知る」ことです。現在、日本には111の活火山があり、世界でも有数の火山国で、桜島等の複数の火山で噴火が発生しています。2014年御嶽山の噴火を振り返り、火山災害から身を守る方法を考えましょう。
2021.04.21
大規模噴火

もし富士山が噴火したらどうなるか。その影響はどこまで?

日本には活火山の数が現在111あり、この30年余り、全国で大規模な噴火が続いています。富士山の噴火では、火山灰の降灰による深刻な被害が予想されています。また山梨県は富士山が噴火した際の溶岩の流れを想定した52パターンの動画をホームページで公開しました。
2021.04.17
タイトルとURLをコピーしました