浸水被害

台風被害

令和元年台風第19号の被害を簡単にまとめ

2019年10月6日にマリアナ諸島の東海上で発生した台風は、12日には日本に上陸し、関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。 図:国交省「令和元年台風第19号による被害等」より 日本政...
2021.02.19
水害ハザードマップ

まず住む場所はハザードマップで確認しましょう。2020年九州豪雨被害から考えよう。

ベッドタウンとして人口が増加したエリアで大きな浸水被害が起こっています。ハザードマップを見れば住宅を建てるべきでない場所に新築住宅が増えています。これらか住まわれるエリアのハザードマップを確認し、住宅販売業者や自治体の意見も参考にしながら災害リスクを見極めていくことが必要です。
2021.04.08
浸水被害

木造住宅が浸水した場合の課題と浸水対策を確認しよう。記録的な大雨に備えよう。

お住まい場所は洪水や浸水が想定されている地域ですか。もし洪水・浸水想定区域であれば、過去起きた浸水被害から私たちができる対策を考えます。ぜひ記事をご覧下さい。
2021.04.01
水害ハザードマップ

高潮で浸水被害はどのくらい広がるか(東京湾)。ハザードマップで調べる。

戦後、都市圏を襲った高潮災害を知る人も少なくなっています。国や自治体はゼロメートル地帯の浸水リスクを知ってもらい、家庭では台風が近づくにつれて、どう行動するかを事前に考えておくこと大切です。
2021.03.03
水害ハザードマップ

津波で浸水被害はどのくらい広がるか。津波避難の三原則(釜石の奇跡)

東日本大震災において釜石市は壊滅的な被害を受けましたが、地域の小中学生は高齢者や小さな子どもたちを助けつつ自主的に迅速に避難し、ほぼ全員が無事でした。これは「釜石の奇跡」と言われており、この背景には「子供たちの津波防災教育」がありました。
2021.03.18
タイトルとURLをコピーしました