旧耐震マンション

旧耐震マンション

分譲マンションはいつまで住めるのか

都心部で安い分譲マンションを探すと、築40年や50年の物件が多くあります。鉄筋コンクリート造マンションの法定耐用年数は47年。でも実際どのくらいまで住めるのかが気になるところです。このような住まいを選ぶ時、何を考えないといけないのか。ぜひご覧ください。
旧耐震マンション

旧耐震マンションを買うリスクを考える(パート5)。

2016年熊本地震では数多くのマンションが被害を受けました。その後4年たった今も「全壊」したマンションで解体が完了していない例があります。その理由について確認し、復旧の難しさを見て行きます。ぜひご覧ください。
旧耐震マンション

旧耐震マンションを買うリスクを考える(パート4)。

都内で中古マンションを探されている方も多いのではないでしょうか。しかし、都心部で中古マンションを探すと、旧耐震のマンションも多くあります。そこで、過去の地震被害から旧耐震マンションのリスクについて確認しましょう。ぜひご覧ください。
旧耐震マンション

旧耐震マンションを買うリスクを考える(パート3)。

都内で中古マンションを探されている方も多いのではないでしょうか。 しかし、新耐震の建物は販売価格が高く、旧耐震の中から選ばざる得ない状況です。被災したマンションの復旧状況から、補修して住んでいるのか、それとも建替えたのかを確認します。
旧耐震マンション

旧耐震マンションを買うリスクを考える(パート2)。

都内で中古マンションを探されている方も多いのではないでしょうか。 しかし、新耐震の建物は販売価格が高く、旧耐震の中から選ばざる得ない状況もあります。今回は過去の地震被害事例から、旧耐震マンションを買うリスクを考えます。
旧耐震マンション

旧耐震マンションを買うリスクを考える(パート1)。

都内で中古マンションを探されている方も多いのではないでしょうか。 しかし、新耐震の建物は販売価格が高く、旧耐震の中から選ばざる得ない状況です。このような中で専門家がどのように探しているのかを書き残すことで参考になるのではないかと思っています。
旧耐震マンション

マンションの寿命は?既往の研究から考えよう。

築63年の日本初の分譲マンション「宮益坂ビルディング」(東京都渋谷区)は、2016年から建て替え工事が始まりました。 このような築40年超のマンションは91.8万戸(マンションストック総数の約14%)あり、10年後には約2.3倍の2...
旧耐震マンション

旧耐震のマンションを買う。古い建物に気を付けるポイント。

旧耐震のマンションの中にもある一定数は地震被害から免れています。しかし地震によって損傷が生じた場合、マンションには特有の復旧の難しさがあります。それらを理解し、想定されるリスクを一緒に考えましょう。
旧耐震マンション

旧耐震のマンションを買う。過去の地震被害からリスクを考える。

都心では新築・中古マンション価格が上昇し続けているため、その中でも安価な旧耐震マンションを購入することを考えられている方もいると思います。 しかしながら、フルリフォームで綺麗になっていても、相当の地震災害リスクがあることを理解しなけ...
タイトルとURLをコピーしました