施工不良

施工不良

住宅業界の不正・不祥事から消費者は守られるか?

住宅業界の闇は深く、最近では大手賃貸住宅メーカーの界壁の施工不良から、建築士免許偽造など様々な不正・不祥事を繰り返している歴史があります。また、ニュースなどで取り上げられることのない「建築基準法違反」「施工不良」は、日々発生しており、特に建築現場における不具合は年々増加しています。
施工不良

マンションの杭の長さが足りない!25年後に傾く!

2015年に、三井不動産レジデンシャルが販売した「パークシティLaLa横浜」で、翌年には住友不動産が販売した横浜市西区の「パークスクエア三ツ沢公園」でも、マンションを支える基礎杭の長さが足りていないことや、施工不良により全棟建て替えとなり...
施工不良

マンションの杭の長さが足りない!

2015年に、三井不動産レジデンシャルが販売した「パークシティLaLa横浜」で、マンションを支える基礎杭の長さが足りず、マンションを支える固い地盤(支持層)に達していないことや、施工データの改ざんが発覚しました。 当時、ニュースでも...
タイトルとURLをコピーしました