事故など

事故など

地下駐車場で閉じ込めこられて死亡する原因

地下駐車場では二酸化炭素を放出する消火設備が多く用いられています。火災を検知すると、起動装置が作動し、まずシャッターが下りて密閉します。そして二酸化炭素を放出、一瞬で二酸化炭素が充満して酸素の濃度を低下させて消火します。ちなみに二酸化炭素が充満すれば、ほぼ何も見えなくなります。
2021.04.21
事故など

海での雷には注意。落雷事故から学ぶ基礎知識。

海で遊泳やマリンスポーツ中に突然雷が鳴り始めたという場合、海から上がろうとする人がいなければ、多くの人は海から離れようとしません。 しかし、過去の被害を考えれば、すぐに身を守ることが必要です。被害に遭わないためにも過去の落雷事故を確認しましょう。
事故など

災害以外の様々な危険(不慮の事故)

災害以外にも様々な危険があります。不慮の事故(外因死:交通事故、転倒・転落、溺水、煙、火災及び火焔による傷害、窒息、中毒、その他)でお亡くなりになる方も多くいます。交通事故以外の不慮の事故は、身近に起こるその危険性を理解することが大事です。
2021.04.20
事故など

足元に突然穴が開く。道路陥没はどうして起こるのか。

道路に穴が突然開いて、落ちるなんて、そんなことはないと思っているかもしれませんが、実は道路陥没事故は年間3000件超発生しています。なぜ、道路没落は起こるのか、その原因について確認しましょう。
2021.04.04
事故など

災害後に騙される。悪徳商法の被害例から学ぶ(注意喚起)。

災害後には必ず、詐欺や窃盗などの犯罪や悪徳な住宅修理商法が出てきます。 令和元年台風第15号では強風により家屋に甚大な被害が生じ、令和元年台風第19号による大雨は河川を氾濫させ水害被害をもたらしましたが、その時も窃盗や悪徳住宅修理商...
2021.03.01
事故など

滝つぼに飛び込むのは危険。滝つぼの危険な構造を知ろう。

毎年、滝つぼにで事故が起こるのは、滝つぼが危険な場所であることを知らいない原因もあります。滝つぼの危険な構造を確認しましょう。
2021.03.08
事故など

夏の熱中症と冬のヒートショック。住宅内で亡くなる人はどっちが多い?

熱中症で亡くなる人は年間2000人弱、冬のヒートショックで亡くなる人は年間2万人弱です。夏暑くて死ぬ人より、冬に家が寒くて死ぬが圧倒的に多い現実があります。住宅内で熱中症で亡くなる人の主な原因は、エアコンや扇風機をつけないからです。どちらも家の中の温度管理を適切に行えば、熱中症もヒートテック死は防ぐことができることを示しています。
2021.05.04
事故など

なぜガス爆発事故は起きたのか?事故の原因を確認しよう。

2020年7月、福島県郡山市の「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で大規模な爆発が起こり、1人が死亡。2018年12月にも、札幌市豊平区の「アパマンショップ平岸駅前店」が入居する木造2階建てのビルで爆発が発生し、同店と隣接する居酒屋が倒壊・炎上して、52人が負傷しまいた。このような事故の原因を知り、家庭でも起こりうる爆発事故を考えましょう。
2021.05.03
事故など

海や川で遊ぶのが危険な場所を知ろう。水難事故から子供を守る。

暑い夏は海や川などで、子どもたちと一緒にレジャーを楽しむ季節です。しかし、大自然に触れるレジャーは、自然ならではの危険な場所があります。毎年溺れる子供を助けようと飛び込んだ親と子どもが流されて亡くなるという水難事故が発生しています。水難事故から家族を守るために、海や川での危険な場所を知りましょう。
2021.05.02
事故など

溺れる子供を助けようとして親が溺れるのはなぜか。

溺れる子供を助けようと飛び込んだ親や大人が亡くなり、子供だけが助かるという水難事故が発生しています。子供は学校で浮いて救助を待つ方法を習っていますが、親や大人はそのことを知りません。ここでは、親子ともに生還するためにどうすればいいのか、考えましょう。
2021.04.11
タイトルとURLをコピーしました